たんぱく質を摂取して基礎代謝のいい身体づくり!

∇豆腐入りのハンバーグにする

三大栄養素のひとつ、たんぱく質。エネルギー効率のよい身体づくりを進めるためのたんぱく質の摂り方を考えてみましょう。ハンバーグをつくるとき、ひき肉の半分の量を豆腐に変えて使うと、動物性と植物性のたんぱく質をバランスよく摂ることができます。

こうすることで脂質を減らすこともでき、ヘルシーハンバーグになって、おいしく健康的なダイエット食品にもなります。そのほかにも、豆腐入り茶碗蒸しというのもあります。卵のコレステロールを半分カット。卵の半分を豆腐に代えて、ちょっと硬めの茶碗蒸しのできあがりです。

∇多く摂りたい大豆や大豆製品

筋肉づくりに欠かせないのが三大栄養素のひとつたんぱく質です。たんぱく質には、魚、肉、卵などの動物性たんぱく質と、大豆などの植物性たんぱく質があります。

身体を太らせる危険性の高い脂質が多いのが動物性たんぱく質です。畑の肉といわれる植物性の大豆は脂質が少なく、低エネルギーでビタミンB群も多く含むこの栄養食品は、太りにくい身体づくりに積極的に活用したい食品です。

∇鶏肉は脂質の多い皮を取り除いて

肉のなかでもっとも脂質の少ないのが鶏肉です。ダイエット食材として有名なささみが、パサパサして食べにくいのは、脂質がほとんどないからです。脂質が多いのは皮の部分です。不飽和脂肪酸のリノール酸が多いので、取り除いて食べるようにしましょう。

楽して、リバウンドしないカラダになれたら素敵だと思いませんか? たかの友梨のキャビテーションなら、話題の美容マシン「キャビテーション」を使って、リバウンドしない美しいボディをつくり出します!

カテゴリー: 美容 | タグ: | コメントは受け付けていません。

写真に頼らず相手のクセを見抜け!

尾行においては、相手が出てきたら、瞬時にその姿形すべてを把握しなければなりません。チェックポイントは次の通りです。頭髪/顔面/服装(靴も含む)の色と形/歩行時のクセ。

写真は受け取っていても、髪形や顔つきなどは大きく変わっている可能性があります。また、服装は途中で変わることもあります。したがって、本人を認識するための重要なチェックポイントは歩行時のクセです。

どんな人間も、クセだけはなかなか矯正できませんし、身体の全体的な動きを把握すれば、遠くからでも本人を判別しやすいのです。さらに、前後、左右から見た状態も早めに確認しておきます。後と前では、見た目はかなり違うのです。

また、あらかじめ尾行を警戒していると思われる調査対象者は、チェック自体も慎重に行わなければなりません。では、尾行において、探偵は相手との距離をどのくらい取ればいいのでしょうか。基本は15m。

これが相手が見えやすく、気づかれにくい、最適の距離なのです。しかし、実際には1m から100m 近い遠距離まで、ときと状況により変化します。

「尾行はゴムと同じである」という言葉があります。すなわち、尾行において相手との距離はいかようにも伸び縮みするというわけです。ただ、実際の尾行はいちいち今何 m 離れているか、などとは考えないし、そんな余裕もありません。

では距離感を知るために最も信頼できるものは何でしょうか? それは自分の歩数です。距離感を体得するとは、文字通り自分の「足」を使うことなのです。

原一探偵事務所は、40年の実績があり、探偵事務所 家出調査は安心しておまかせできます。日本で確かな探偵業務をやってくれるのは、原一探偵事務所だけといっても過言ではありません。

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントは受け付けていません。

尾行は調査対象者と1対1で線でつながれ!

尾行には、大きく分けて「単線尾行」と「複線尾行」とがあります。たまに、「単独で尾行する」という表現を耳にしますが、探偵は単独という言葉は使いません。単独とは、独りぼっちになってしまった状態、つまり、相手を見失い尾行に失敗した状態を指すのです。

「単独で尾行します」などという探偵は、尾行の真髄を理解していない探偵です。そんな言葉を使う探偵事務所はむろん、信用がおけるものではないでしょう。

単線とはつまり、自分1人と相手との“線”がつながっている状態を意味します。当然、複線は複数で尾行することであり意味は同じです。しかし、これも張り込みと同様、基本は1人による単線尾行です。複数で尾行していても、途中から1人にならざるをえない状況が生まれるケースは多くあります。

古い話になりますが、1972年の浅間山荘事件でも、当初、数多くの刑事たちが犯人を尾行していたといいます。しかし、最後に居場所を突き止めたときは、1人での単線尾行でした。最後まで尾行した刑事は「あくまでも備考の基本に忠実だったから可能だった」と語ったと聞いています。

探偵も同様で、複数による尾行だから安心と考えるのではなく、常に1人でもできるように鍛錬し、技術を身につけ、コンディションを整えておかなければなりません。そうでなければ、複線尾行もただの烏合の衆にすぎないのです。

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントは受け付けていません。

住宅街では誰もが不審人物だ!

住宅街は張り込みが非常にやりにくいのです。ただただ平穏な生活を望んでいる住民たちは、些細な周辺の変化に敏感であり、警察に通報される率も高いのです。

そこで、怪しまれないための風貌や姿形はもちろん、何を聞かれても大丈夫なように、架空のストーリーづくりがとくに重要です。最近では、ただ単に「友達を待っているんです」くらいの理由では、周囲に納得されなくなっています。

待ち合わせなど、その場しのぎ的ないいわけはほとんど通用しないのです。とくに、オウム真理教事件が起きた95年以後、探偵にとって張り込みがかなりやりづらくなっています。

張り込みとは気づかれないまでも、周辺住民は不審な人物に過敏になっているのです。「何かこの辺にご用ですか?」などと尋ねられることも多かったようです。

その場をやり過ごしたつもりが、いつのまにか警察官があらわれ、所持品検査寸前の目にあった探偵もいるように聞いています。こういう時代だからこそ、相手を完全に「納得させる」だけでなく、完全に「安心させるような架空の設定作りがますます重要となるでしょう。

また、張り込みにおいて気をつけなければならないのは、トイレに行くタイミングです。小用であれば、一度すませればまず2~3時間はトイレにいかなくてすみます。

もちろん、張り込みの前に水は飲みません。腹の調子がおかしければ、あらかじめ薬を飲んでおくなどの準備が必要です。実際、探偵が1人の場合、トイレの用足しで失敗した例がいくつもあるのです。

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントは受け付けていません。

遺族の言葉で

「おくりびと」の主人公は遺族です。それが葬儀の最後の遺族代表による参列者への「お礼の言葉」だけでは、さみしすぎるのではないでしょうか。残された夫や妻、子どもたちが直接、生の声で故人に語りかける場面をつくってはどうでしょう。幼い孫たちがおじいちゃんやおばあちゃんへの思い出の手紙を読み、会場が感動に包まれたという例もあります。

遺族のお願いを十分に聞きとった葬儀業者が工夫し、提案した葬儀にこんな場面がありました。「読経の代わり」に、残された妻や子どもたち、兄弟が「ひと言メッセージ」を書き、「焼香」に合わせて、司会者が読み上げるという企画です。

奥様からは「いっぱい、いっぱいの幸せをありがとう。でも、もっと、もっといっしょにいたかった」。長男さんは「言葉にならんわ……。何もしてやれんかったけど、ごめんなお父さん」。同じく次男さんからは「ようがんばったな! お疲れ! お父さん大好きやで」この家族のメッセージが参列者の感動を呼んだのです。

式のあと、遠方から駆けつけてくれた親族たちが「こんなに感動した葬式は初めてだ」と驚き、「俺のときも、これでやってほしい」と言ってくれたそうです。

葬儀にかかる本当に必要なものだけの内容で、追加費用が一切かからない お葬式 安い定額の「火葬式」「一日葬」「家族葬」「親族葬」「密葬」などいろいろなプランを用意しています。

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントは受け付けていません。

別れの言葉で

別れの言葉(弔辞)も、読経などの宗教作法にかわるもの、補うものとして有効です。葬儀の参列者と故人のつながりはさまざまです。弔辞で語られるエピソードや体験談には、参列者はもちろん家族も知らなかったことがあるかもしれません。だから故人の再発見や再評価にもつながります。

そこで注意したいのは、人数、人選、時間配分や話してもらうテーマ。誰でも知っているような話題を長時間話されたり、二人が同じテーマを持ち出したりされると台無しです。

事前の打ち合わせが大事です。通夜と葬儀に分担して人選するというのも、ひとつの工夫です。参列者が少人数の場合、小さい子どもさんも含めて全員が一言ずつ別れの言葉を述べるというのも、ひとつの試みでしょう。

葬儀やお別れ会で大切な役割を担うのが司会者です。個人の略歴紹介、弔辞、献花……と、その場に合わせて、あるときはしんみりと転あるときは厳粛にと転会場の雰囲気をつくる必要があります。

だから、プロの司会者に依頼することが多いけれど、素人素人なりに、暖かさや親しみがあります。プロに依頼しない場合、司会者にはなるだけ経験のある人を選んだり、事前の打ち合わせを10分にしておくことが大切です。不謹慎な言葉や態度をつつしみ、間のとり方にも注意しましょう。

 

 

 

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントは受け付けていません。

思わぬ“落とし穴”

宗教葬を選ぶにしろ、無宗教葬にしろ、大切なことは、故人の意思や遺族・遺族の思いをよく確かめ、事前によく確認しておくことです。安易な選択で、思わぬ落とし穴に遭遇することもあるからです。

こんな例がありました……。20歳代前半の女性。母親が突然、事故で死去しました。何からどう手をつけてよいかもわからず、駆けつけて面倒みてくれる親族もいません。母も自分も宗教とは縁遠い暮らしだったし、費用の余裕もない。無我夢中のまま、無宗教で葬儀をしました。

やっと一息ついた頃、親類の女性にこう言われました「あんな葬式をして、お母さんは成仏できたの?」考えもしなかったそのひと言は、彼女の胸に突き刺さりました。極度の不安と後悔に襲われました。心の動揺を克服できず、その後しばらく心療内科に通う日々が続きました。

親類の女性はなぜこんな無神経な発言をしたのか。そう思うのならなぜ式の前に助言してやらなかったのか。葬儀業者はプロでありながら、事前に、もっとていねいな対応ができなかったのだろうか……。

見直すべきことはたくさんあるけれど、そのツケは結局、当事者に来てしまいます。葬儀の大原則は「本人は何もできない」。だとすれば、残されたものの考え方を優先するのが、賢い対応だといえるのかも知れません。

 

 

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントは受け付けていません。

全身痩せのためのキャビテーション

部分痩せが実現するということで、切らない脂肪吸引といわれて話題になっているキャビテーションですが、全身痩せたい人にも向いているんでしょうか。
全体的に太っている人もキャビテーションでラクして痩せたいですよね。
どうにかして全身痩せしたい!という人がキャビテーションを受ける場合、どうなるのかリサーチしてみました。
全身痩せのためのキャビテーションは数回にわけて受けることになるそうです。
分解された脂肪はリンパを通って肝臓にいくのですが、一日の処理できる量が決まっています。
肝臓に負担をかけないためにも、一度に全身キャビテーションをしないほうが良いのだそうです。
一度に施術を受けられるのは、一度に二カ所、というふうに設定しているサロンが多いそうです。
キャビテーションは最低でも4日間空けて次の施術をおこないますが、2カ所施術したら次の施術は1週間後、というスケジュールになるそうです。
そして気になるのが、キャビテーションができない部位があるのか、という点。
まずは、当然ながらあまり脂肪がついていない部分はNGだそうです。
骨の近くは安全上の問題でキャビテーションをしないということにしてあるそうですよ。
首や頭、ワキ、ひざ裏などの関節部分もキャビテーションはできません。
顔のキャビテーションについてはサロンによってOKのところとNGのところがあるそうです。

カテゴリー: ダイエット | コメントは受け付けていません。